スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルメン・マキ&OZ

1975-karumenmaki

カルメン・マキ&OZ/
カルメン・マキ&OZ

RELEASE:1975.1.--
GENRE:ハードロック

アーティスト解説:
17歳のデビュー当時、その年齢とは思えない
妖艶な魅力と圧倒的な歌唱力で話題を呼び、
紅白歌合戦にも出場したハーフの女性。
1972年にギタリストの春日博文らとともに
「カルメン・マキ&OZ」を結成した。
ウィキペディアで詳細を見る


アルバム解説:
日本のロックの到達点と歌われるほどの高い評価を誇るカルメン・マキ&OZのファースト・アルバム。
特にアルバムに収録されている12分の大作「私は風」は後に、様々なアーティストがカバーした名曲。
Amazonで購入する。



各曲レビュー:
1.六月の詩
★★★★☆
アルバム1曲目から8分超えの大作。しっとりとしたイントロのピアノソロから始まり
曲が進むにつれドラマティックに盛り上がっていく演奏とボーカルが素晴らしい。
迫力ある轟音が曲にさらなるインパクトを与える。

2.朝の風景
★★★☆☆
強くも爽やかで綺麗な、タイトルどおり朝の雰囲気に映える、それでいて格好良いカルメン・マキ。
ロックというより、ポップな印象もある。間奏やメロディが秀逸。

3.Image Song
★★★★☆
プログレのような綺麗なイントロから始まる大作。哀愁を感じさせつつも力強く魅力的な歌声。
長い曲の中での展開も、繊細なメロディも、間奏の泣きのソロパートの演奏も堪らない。
じっくり聞きたい1曲。

4.午前1時のスケッチ
★★★☆☆ 初聴オススメ!
カルメン・マキ&OZのデビューシングルとしてリリースされた曲。
イントロからメロディから、思わずこぶしを握って歌ってしまいそうな演歌的なロック。
演歌っぽさに注目しがちだが、アウトロのギターにも痺れる。

5.きのう酒場で見た女
★★★☆☆
バーでウイスキーグラスでも傾けながら聴きたいジャズチックな曲。
2分半と(他の曲に比べて)短い曲で、リズミカルで心地良いので結構アッサリ聴けてしまう。
と、いうよりも次の曲の為の小休止なのかもしれない。

6.私は風
★★★★★ アルバムの核!
11分を超える大作にして、日本ロック史を語るに欠かせない名曲にして最高傑作。
イントロだけで様々な展開を魅せつけてくれ、歌の入りの哀愁ある静寂な展開が秀逸。
言わずもがな、サビのボーカルの歌い声が最大の魅力。これこそシャウト。コーラスも素敵。



総評:


カルメン・マキのボーカルがやはりなんと言っても魅力的過ぎる。
男性など軽く凌駕するほどの、圧倒的なシャウトと美声を誇る彼女レベルの女性シンガーなど
もう日本音楽史には指を折るほどしかいないんじゃないかと圧倒される。

彼女だけでなく、ギタリストの春日博文を始めとするサウンド陣もまったく引けをとらず
音の迫力とテクニック、プログレからハードロックからジャズやら様々な顔を魅せてくれる。

ジャケットのインパクトある不可思議な世界のデザインも大変魅力的。



岩跳ペンジュンのオススメ記事!:
ある音楽人的日乗/カルメン・マキ&OZ
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

遠藤賢司

1979-endoukenji

遠藤賢司/東京ワッショイ
RELEASE:1979.1.21
GENRE:ロック、フォーク

アーティスト解説:
自身のほぼ全ての楽曲の作詞・作曲を手掛ける、シンガーソングライターにして、自称「純音楽家」。
「エンケン」の愛称で親しまれる「史上最長寿のロックン・ローラー」であり、大の猫好き。
ウィキペディアで詳細を見る


アルバム解説:
それまでフォークシンガーだったエンケンがロック、そしてパンクの影響を受けて製作し、
タイトル曲「東京ワッショイ」、「不滅の男」など遠藤賢司の代表曲が収録されたアルバム。
アルバムの前後で「東京サイド」「宇宙サイド」で分かれており、他のアルバムと関連性を持つ。
Amazonで購入する。



各曲レビュー:
1.東京退屈男
★☆☆☆☆
暗闇を駆け抜ける、宇宙的なシンセで始まり、堂々たるリフで幕開け。
そこからは祭囃子のようなサウンドが流れていく。ちなみにこのアルバムには「四人囃子」が参加。

2.東京ワッショイ
★★★★☆ 初聴オススメ!
賑やかな東京のパワーが溢れんばかりのエンケンの名曲。パワフルなリフとボーカルが最高。
「東京!」の連呼と「ワッショイ!」の掛け声。思わず踊りだしたくなる。

3.天国への音楽
★★★☆☆
イギリスのギタリスト、故ポール・コゾフに捧げられた曲。しみったれたギターとメロウなサウンドが
じわじわとエンケンの悲しみを染み込ませて来る。

4.哀愁の東京タワー
★★★★☆
イントロに謎の犬?の声が入って始まる、湿気と哀愁が漂う曲。
前曲とは違う感じでしんみりとしている。シンセとテクノが入り混じりなんとも怪しい感じ。

5.続・東京ワッショイ
★★★☆☆
2曲目「東京ワッショイ」の溢れんばかりのパワーはそのままに、
東京の観光案内的なナレーションが入り、昭和的な雰囲気が味わい深い。

6.不滅の男
★★★★★ アルバムの核!
遠藤賢司賛美歌にして、国内屈指の「元気が出る曲」。どんなに落ち込んでてもパワーが貰える傑作。
ご機嫌なギターと、力あるエンケンの熱い声。「K・E・N・J・I」の掛け声や声援もテンションが上がる。

7.ほんとだよ
★★★☆☆
ここから「宇宙サイド」。「ほんとだよ」はエンケンのデビュー曲、これはそのセルフカバー。
しっとりとした始まりから、だんだんと魂のこもった悲しき熱唱になっていく。

8.輪廻
★☆☆☆☆
ピアノが綺麗な短いインスト。イントロに女性の笑い声が入る。なんとも寂しい感じ。

9.UFO
★★★★☆
サウンドがとってもスペーシーな、まさに「宇宙サイド」の曲。シンセからも星が飛び交う感じが伺える。
宇宙人の合成音声や、コンピューターチックな電子音。ベタだけどエンケン宇宙ワールドが最高に感じられる。

10.とどかぬ想い
★★☆☆☆
ラストはしっとりと、しんみりとした素朴なアコギインスト。
何に対して“とどかぬ想い”なのか。やるせない感じと、悲しさが漂う。



総評:


魂のこもった熱く、力強い熱唱が魅力的な遠藤賢司。
アルバム「東京ワッショイ」は当時の日本が上昇気流に乗っていた頃の東京の魅力、
下町の庶民的な空気・都会の孤独な哀愁・ノリノリな祭りのテンションなどがぎっしりと詰まっている。

アルバムの音楽も、デビュー作のフォークから、進化したロックンロール、影響を受けたパンク、
そして新たな時代を感じさせる、ニューウェイブやテクノシンセといった試みもみることが出来、大変面白い。
エンケンの「四畳半から宇宙を夢見る」世界観や、ジャケットのセンスも最高だ。

2007年に還暦を過ぎても、まだまだ溢れんばかりのパワーで
「歳を重ねる度に若返っている」なんて声もある遠藤賢司。これからも元気に頑張って欲しいものである。



岩跳ペンジュンのオススメ記事!:
えんすき日記 本家/MR 102 遠藤賢司 「東京ワッショイ」

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

シュガー・ベイブ


1975-sugarbabe

シュガー・ベイブ/SONGS
RELEASE:1975.4.25
GENRE:ポップス、ロック

アーティスト解説:
山下達郎、大貫妙子を中心とした70年代のバンド。
その実力は折り紙つきだが、当時のロックシーンに似たようなスタイルのバンドが存在しなかった為、的外れな評価や誹謗中傷も少なくなかった。
解散後のメンバーの活躍により、認められるようになる。
ウィキペディアで詳細を見る


アルバム解説:
2011年現在において、初版・再版合わせて8回もリリースされている歴史的名盤。
大瀧詠一が主宰するナイアガラ・レーベルで最初に発売された作品でもある。
Amazonで購入する。



各曲レビュー:
1.SHOW
★★★★☆
「ショーがはじまるよ!」元々は、そんな曲名になる予定もあったオープニングナンバー。
明るくポップで、これからの展開をワクワクさせてくれる。

2.DOWN TOWN
★★★★★ 初聴オススメ!
シュガー・ベイブの名前を知らなくても、この曲は知ってる!という人も多いはず。
彼らの代表曲でポップかつファンキーなリズムを持つこの曲は、カバーを含め
「ひょうきん族」「SMAP×SMAP」「それでも町は廻っている」等テレビでも使用される。

3.蜃気楼の街
★★★★☆
大貫妙子作品。ポップ&ファンキーな山下達郎と比較し、透き通ったような綺麗さを持ち
独特の世界観が感じられる。このアルバムの大貫妙子作品は3曲収録されているが
全て「体は地球に縛られているけど、心は自由」といった感じのテーマで作られている。

4.風の世界
★★★☆☆
引き続き、大貫妙子作品。重めに響くイントロが印象的。
大貫妙子のブレス音にディレイをかけて強調させているが、本人は気に入ってないらしい。

5.ためいきばかり
★★★☆☆
今度はギタリストの村松邦男の曲。悪い曲ではないが、流石に山下&大貫には及ばない。
しかしアルバムの構成としては、丁度折り返しなので小気味が良い感じである。

6.いつも通り
★★★★☆
山下達郎の「DOWN TOWN」のシングルB面に収録された大貫妙子の名曲。
透き通った綺麗な声と、颯爽とした歌い方が心地よく、何度聞いても飽きない。

7.すてきなメロディー
★★★★★ アルバムの核!
山下&大貫デュエットによる、これぞまさにシュガー・ベイブ!な曲。
2人の息を合わせたピッタリな歌いに、素晴らしくハモったリード最高である。
曲はもちろん美しいコーラスにも注目したいところ。

8.今日はなんだか
★★★☆☆
曲の頭から終わりまで、飛んだ感じの山下達郎のボーカルが冴える。
ギターを担当する伊藤銀次が山下達郎に曲のアドバイスをして完成した曲。

9.雨は手のひらにいっぱい
★★★★☆
大瀧のアイデアでリアレンジが加わった、しっとりとした曲調。
前曲と違い大人しめだが、ストリングスやギターが良い味を出している。

10.過ぎ去りし日々“60's Dream”
★★★☆☆
悲しさと哀愁が感じられる、落ち着いたメロディ。
「魔法さえ信じた」「今日を生きて」「夢を見てるだけ」といった
洋楽タイトルからの引用が散りばめられている。

11.SUGAR
★★★☆☆
ラストはお遊びのような曲で楽しくしめる。途中途中にはいる声がなんともイイ味。
オリジナル盤では「おまけ furoku 付録」となっている。



総評:


山下達郎・大貫妙子、そして大瀧詠一。
今は勿論、当時としてもなんとも豪華なメンバーが集まって作られたこのアルバム。

携わった人間も、曲も素晴らしいのだが、彼らの“メディアに媚びない”というスタンスや
正直、店頭で手に取られ難い、絶妙なジャケットでプロモートでは失敗しているのが残念。
シュガー・ベイブ最初にして最後で最高のアルバムとなってしまった。

と、言いつつもプロモートだけではなく「DOWN TOWN」「いつも通り」「すてきなメロディー」を
始めとした曲のクオリティが素晴らしすぎるので、単にこれを超える2ndアルバムを作るのが
難しかっただけかもしれない。



岩跳ペンジュンのオススメ記事!:
前橋のほどよい郊外/シュガーベイブ 「Songs」

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

RCサクセション


1976-rcsuccession

RCサクセション/シングル・マン
RELEASE:1976.04.-
GENRE:ロック、パンクロック、フォーク、R&B

アーティスト解説:
ロックコンサートやライブパフォーマンスの確立に、後の数多くのアーティストに多大な影響をもたらした、忌野清志郎をフロントマンとする「King of Rock」「King of Live」の異名を持つロックバンド。
ウィキペディアで詳細を見る


アルバム解説:
RCサクセションが初めて電気楽器を本格的に導入したアルバム。音楽史に残る名盤ではあるが、
発売当初は周囲の状況に翻弄され、発売後1年で廃盤となってしまった不遇な作品。
実際に評価を受け始めたのはRCサクセションがブレイクし出した、1980年以降。
Amazonで購入する。



各曲レビュー:
1.ファンからの贈り物
★★★☆☆ 初聴オススメ!
忌野清志郎を知らぬ人が聞いたら「コイツはとんでもない奴だ!」と激怒しかねない歌詞。
曲調はファンキーで軽快。黒人的な音楽色もありコーラスもあり、楽しい曲。

2.大きな春子ちゃん
★★☆☆☆
エレキになる前のRCサクセションらしい、しっとりたしたフォーク。
メンバーの一人がリードボーカルを担当している数少ないナンバー。

3.やさしさ
★★★★☆
清志郎の叫びが印象強く、曲のイメージが様々に変化する面白くも深い曲。
「誰も優しくなんかない」「責任逃れ」これらの歌詞も秀逸で耳から離れない。

4.ぼくはぼくの為に
★★★☆☆
全編通してアップテンポで勢いのあるナンバー。ボーカルは勿論のことだが
バックコーラスや間奏もテンションがブッ飛んでいる。だが歌詞は孤独。

5.レコーディング・マン(のんびりしたり結論急いだり)
★☆☆☆☆
1分半の短い曲。レコーディングの最中の音と楽曲をあわせた感じ。
アルバムの折り返し地点というか、息継ぎのような曲。

6.夜の散歩をしないかね
★★☆☆☆
キラキラとして綺麗なバラード。ピアノが主旋律だったりするので
お洒落なバーが似合いそう。RCサクセションらしくないが、こういうのも悪くない。

7.ヒッピーに捧ぐ
★★★★☆
ブレイク前の不遇な時代のRCサクセションに尽力してくれたスタッフに捧げられた曲。
ありのままに書かれた歌詞、それを悲痛に歌い上げる声が心に凄く響く。
歌いながら入り混じる、清志郎の嗚咽からとても悲しい感情が伝わってくる。

8.うわの空
★★★☆☆
繊細でもの悲しいフォークナンバー。穏やかだがメロディアスさも孕んでいる。
音楽が静かなため、綺麗な声で歌い上げる歌詞がしんみりとくる。

9.冷たくした訳は
★★☆☆☆
ポップで明るいノリな「可愛い娘ほどいじわるしたい」という男の子らしい曲。
エレキとファンキーが良いアジを出しているが、「ヒッピー」の後では浮いてしまう。

10.甲州街道はもう秋なのさ
★★★★☆
何もかもが全て嫌になってどこかへいってしまいたい。
寒い季節に一人で聞きたい哀愁のドライブソング。やはり悲痛な声が印象強い。

10.スローバラード
★★★★★ アルバムの核!
邦楽屈指の名バラード。有名なインスト、綺麗なメロディ、心に刺さる歌い。
この曲なくしてRCサクセションは語れない。死ぬ前に必ず聞くべき名曲。



総評:


RCサクセションの名曲「雨上がりの夜空に」が収録されている「ラプソディー」も
人気が高くオススメしたいが、名盤といえばやはりこの「シングル・マン」。

と、いうのも「スローバラード」や「ヒッピー」等の名曲があるもの勿論だが
不遇の状況で、恵まれないときに生み出された、という背景からくる
悲痛さで歌い上げる清志郎の声はやはり心に深く突き刺さる。

ただ、自分もそうだが清志郎の声や曲は、最近の曲をたくさん聴いていると
なかなかとっつき辛いので、まずは「ゴールデン☆ベスト」などをオススメしたい。



岩跳ペンジュンのオススメ記事!:
名盤マニアのi-Tunes/RCサクセション/シングル・マン

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

Yellow Magic Orchestra


1979-yellowmagicorchestra

Yellow Magic Orchestra/
SOLID STATE SURVIVOR

RELEASE:1979.09.25
GENRE:テクノポップ、ニュー・ウェイヴ、アンビエント

アーティスト解説:
白人の白魔術でもなく、黒人の黒魔術でもない。
黄色人種による黄色魔術(イエロー・マジック)。
80年代に巻き起こったテクノブームの中心にいたバンド。
ウィキペディアで詳細を見る


アルバム解説:
YMOの2ndアルバム。「テクノポリス」や「RYDEEN」など人気曲や、「BEHIND THE MASK」など
あのマイケル・ジャクソンがカバーした曲の原曲も収録されてる。
Amazonで購入する。



各曲レビュー:
1.TECHNOPOLIS
★★★★★ アルバムの核!
これぞテクノ!「TOKIO」という耳につくボイス。
チュルチュルいってサウンド、ドラムもいい感じに効いてて、まさに王道テクノといった感じ

2.ABSOLUTE EGO DANCE
★★★☆☆
ピュピューンという音が特徴的なややメロウな曲。
なにげに、沖縄音楽×インド歌謡×ディスコといったスゴイ組み合わせ曲。
曲中の「ハイヤァ、ィヤーサーサー」という声もナイスw

3.RYDEEN
★★★★★ 初聴オススメ!
YMOと言えば…コレだろ!
YMOを知ってなくても、意外にどこかで耳にしたことはあるだろうな曲。
ノリとテンポは最高。ちなみに曲のタイトルはロボットアニメの
「勇者ライディーン」に由来しているとかしてないとか…

4.CASTALIA
★★★☆☆
前3曲とは打って変わって、急にひっそりとした感じな曲。
静かな曲なのに、悠然と漂う感じがこのアルバムの中では強い存在感があると思う。

5.BEHIND THE MASK
★★★★☆
マイケル・ジャクソンをはじめ海外の色んな方がカバーしている良曲。
ポポポポした静けさを持ちながら、しっかりテクノしている絶妙なマッチング。

6.DAY TRIPPER
★★★☆☆
で、こっちはビートルズのカバーです。
原曲は知らないからなんとも言えないが、声がなんとなく「ビートルズっぽい」
…気がする。ギターが良い感じに効いてるね?

7.INSOMNIA
★★★☆☆
タイトルの意味は“不眠症”らしいのだが、実際聞いてると逆に眠気を誘う曲だ。
なんだか催眠術でもかけられてるかのような曲。ふぁ…ねむ

8.SOLID STATE SURVIVOR
★★★★☆
ドラゴンボールに「ソリッドステート・カウンター」という曲があるらしいですが
この曲を参考にしたそうな…。言われてみると、悟空とフリーザとかが戦ってるシーンが浮かぶ…
曲については、やっぱり「キン!キン!」って音が印象的。



総評:


日本のテクノの原点といえば、やっぱりYMOが出てくるんじゃないかと自分は思います。
そんなYMOの代表曲がふんだんに盛り込まれた、このアルバムはまさに名盤。

「電気グルーヴ」や「Perfume」といったテクノが好きな人なら、是非とも
この元祖テクノは聴いておいてほしいなぁと感じる1枚です。

カラオケ等で「歌う」ことは出来ず、完全に「聴く」アルバムですが、
歌が無くても非常に高い完成度だと思います。



岩跳ペンジュンのオススメ記事!:
Sound Side ~サウンド・サイド~/Yellow Magic Orchestra『SOLID STATE SURVIVOR』

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

ACCESS
PROFILE

岩跳ペンジュン

Author:岩跳ペンジュン
平成現代の今を生きる、
ゆとり世代の20代。
ちょいオタな
絵師×素人レビュワー。

ツイッターやってます。

レビューリクエストはこちら

LINK
CATEGORY
NEW-COMENT
NEW-REVIEW
ALL-REVIEW

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。