スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神聖かまってちゃん


2010-shinseikamattechan

神聖かまってちゃん/
友だちを殺してまで。

RELEASE:2010.3.10
GENRE:ロック、ポップロック、ミクスチャー・ロック、シューゲイザー

アーティスト解説:
路上無断ライブや過激なライブパフォーマンス、ボイスチェンジャーで曲を歌い上げるボーカルの「の子」を中心としたロックバンド。「Youtube」や「ニコニコ動画」といった動画配信サイトにメンバーが作品を公開して話題を呼び、多くの著名人にも支持されている。
ウィキペディアで詳細を見る


アルバム解説:
「Youtube」で脅威の視聴回数を記録した代表曲「ロックンロールは鳴り止まないっ」を収録した、
神聖かまってちゃんの1stミニアルバム。
10代の頃に初めてロックに出会った衝撃と衝動を歌い綴りあげた彼らの曲が収録されている。
Amazonで購入する。



各曲レビュー:
1.ロックンロールは鳴り止まないっ
★★★★★ 初聴オススメ!
神聖かまってちゃんと言えば、この曲。前述のとおりYoutubeでの高記録を残した人気曲。
荒々しいボーカルの歌い方をタイトルどおり鳴り止まないギター。
それに優しいピアノが調和して、ありのままの感性が伝わってくる。

2.ぺんてる
★★★☆☆
「ぺんてる」とは、文房具メーカー“ぺんてる看板があった駄菓子屋”のようです。
ミクスチャーとどこか中華風なサウンドな、学生の青春ソング。
韻を踏んだ歌い方が独特。

3.死にたい季節
★★★★☆
タイトルとは裏腹に、ボイスチェンジャーを使った声が印象強い明るい曲。
「諦めていると少し生きやすくなる」といったフレースを始めとした歌詞が秀逸。

4.23才の夏休み
★★★★★ アルバムの核!
「の子」が全裸で○○も隠さず、浜辺でチャリを漕ぐPVが鮮烈。
ギターよりピアノ色が強い、めぐまれない若者の夏の歌。コーラス的なサビも印象的。

5.学校に行きたくない
★★★☆☆
終始荒々しい轟音が鳴り響き「計算ドリルを返してください!!」といった
いじめられっ子?の悲痛な叫びで構成される曲。アルバム中一番強烈。

6.ゆーれいみマン
★★★☆☆
再び優しいピアノロック。誰にもかまって貰えない人を歌う歌詞がせつない。
「死にたい季節」もそうだが、悲しい曲なのに強がって明るく歌う感が堪らない。

7.ちりとり
★★★★☆
アルバムの最後らしい心地の良いイントロから、淡々と優しく歌詞のように馬鹿みたく。
それでいて時折、心の声を荒々しく解き放つ。
「ちりとり」という素朴なものをテーマにしたラブソング。

8.バイトなんかでへこたれないぞっ(隠しトラック)
★★★☆☆
6分15秒から始まる隠しトラック。ぶっ飛んだ「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」な感じ。
ボーカルの歌い方もギターもサウンドも大暴れしている。



総評:


ブルーハーツが80年代の青春なら、かまってちゃんは2010年の青春。
曲のクオリティや、独特なキャラクターは賛否両論だが、
彼らの存在を体現した「友だちを殺してまで。」はまさに“10年代の今”を象徴した名盤。

「曲作りは趣味、バンドは金」。
ボーカルの「の子」は、このアルバムに良い感触を抱いていないことが公言されているが、
そのあたりも「今のロックンローラー」らしくて悪くない感じ。

音楽雑誌などでは「未熟」という言葉を用いられ紹介されたりもしているが、
「未熟」から生まれる可能性が楽しみなバンドであることも事実。



岩跳ペンジュンのオススメ記事!:
ボス可愛い/友だちを殺してまで。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

DE DE MOUSE


2010-dedemouse

DE DE MOUSE/A journey to freedom
RELEASE:2010.04.07
GENRE:エレクトロニック、インストゥルメンタル

アーティスト解説:
作曲からアレンジ、プログラミングやミックスまで全て一人でこなす遠藤大介によるソロプロジェクト。民族音楽的なフレーズ、きらびやかなシンセ、アクセントの強いビートが特徴。
ウィキペディアで詳細を見る


アルバム解説:
ジャケットには、「ファイナルファンタジー」のヴィジュアルを手がける吉田氏を起用し、
DE DE MOUSEの楽曲と一体化した世界観の構築に拍車をかけた3rdアルバム。
Amazonで購入する。



各曲レビュー:
1.my favorite swing
★★★★★ 初聴オススメ!
民族的で繊細な歌声、煌びやかでテンポとリズムの良いビートがDE DE MOUSEの世界へ導いてくれます。
所々エッジの効いた重低音も差し込まれ、ただ綺麗なだけでは終わらない。聴き易さも抜群。

2.new town romancer
★★★★☆
サイバーシンセな未来都市。トランス的なサウンドに加え、畳み掛けるドラムが
楽曲の疾走感を生み出しています。大きな変化は無いものの流れゆく旋律は格好良い。

3.sweet gravity
★★★★★
曲全体を通して聴こえる「キーン、キーン」としたシンセが特徴。
やや太く強い女性の声と、民族的な曲調が、“遥かなる旅路”を空想させる。

4.journey to freedom
★★★★★ アルバムの核!
アルバム表題曲。とてもスピーディなナンバー。曲が進行するにしたがって、
速度、使用される楽器が増加していく。曲の終盤ほど厚みが増して面白い。

5.starry mice parade
★★★☆☆
なんとも可愛いキラキラした感があるバレードトラック。
キラキラシンセがメインだが、サブとして入るドラムや効果音も良い感じ。

6.double moon song
★★★☆☆
深い海のような静寂の月と、疾駆するドラミングが表現する月。
1つの楽曲の中で、2つの旋律が存在する構成は新鮮。

7.like your magic
★★☆☆☆
ビートと煌びやかなシンセ、民族的なボイスとDE DE MOUSEを
構成する成分が盛り込まれたトラック。歌が同じことしか言ってないのが気になる…

8.station to stars
★★★☆☆
無機質で機械的、そんなイントロからだんだんと暖かみのある展開に。
何億光年遥か彼方に向けてテレパシーを送るようなイメージ。

9.goodbye parade
★★☆☆☆
小さな子供が歌うさよならのパレード、純粋で綺麗。
アルバムの終わりを感じさせる曲。どことなく子守唄。

10.same crescent song
★★★☆☆
アルバム最後の曲だが、“終わり”というより“まだ続く”印象が強い。
曲調は一定のリスムの中で、ハードなドラムと綺麗なメロディにパート分けが伺える。



総評:


綺麗なシンセ、ハードビートなドラム、そして民族的なサンプリングボイス。
様々な要素が混在する楽曲で世界を構成された“A journey to freedom”。

前2作でもDE DE MOUSEの魅力は出ていますがワリと大人しめ。
それに対し、今回は大人しくて綺麗な曲から、疾走感ある曲、キャッチーな曲も存在し
アルバムとしての多様性も文句無く、新たなジャケットにより世界観を確立し
“楽曲から世界観を空想して楽しむ”という指針もバッチリ。

全曲、基本的にインストのため歌詞は存在しないが、英語で書かれた曲のタイトルを
和訳で理解すると、その世界観がさらに浮き出し、曲を楽しむスパイスとなる。



岩跳ペンジュンのオススメ記事!:
Prototypeシネマレビュー/異世界に気持ちよく飛ばされる ─ デデマウス 3rd Album『A journey to freedom』

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

ACCESS
PROFILE

岩跳ペンジュン

Author:岩跳ペンジュン
平成現代の今を生きる、
ゆとり世代の20代。
ちょいオタな
絵師×素人レビュワー。

ツイッターやってます。

レビューリクエストはこちら

LINK
CATEGORY
NEW-COMENT
NEW-REVIEW
ALL-REVIEW

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。