スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

APOGEE

2008-apogee

APOGEE/Touch in Light
RELEASE:2008.1.16
GENRE:ロック、ブラックミュージック、ニュー・ウェイヴ

アーティスト解説:
ロックを基準に、ブラック、ニュー・ウェイブ、プログレ…
多彩な音楽がダイナミックかつ繊細に混ざり合った、独自のサウンドを奏であげ、新しい時代を感じさせるバンド。
ウィキペディアで詳細を見る


アルバム解説:
1stアルバム「Fantastic」でメンバーの想いが曲にあまり出なかったことを反省点とし、
さらなる進化を遂げたAPOGEEのメジャーデビュー2ndアルバム。
APOGEEらしさや、曲のエッジを残しつつメロディアスや暖かみが増している。
Amazonで購入する。



各曲レビュー:
1.Touch in Light
★★☆☆☆
オープニングインスト。静かな世界から、段々と音を増していくサウンド達。
次曲への繋がりにも活かされていて、短いながらも音が凝縮されている。

2.ESCAPE
★★★☆☆
実質アルバムの1曲目だが、世界の崩壊から逃げるイメージで、なかなかにダークなナンバー。
焦燥とさせるドラムと、ラストの追い立てる感じが堪らない。幻想カオス。

3.アヒル
★★★★★ 初聴オススメ!
トイレソング。APOGEEを代表するキャッチー… な、曲。
ボーカルの美声や、耳が嫌がるけどクセになるサウンド、ギターリフ。
魅力的な点は数あれど、やっぱりPVのインパクトが凄すぎる。なんぞコレ最高。

4.Spacy Blues
★★★★☆
「Blues」だが湿っぽいというよりも、爽やかでファンキーなダンスナンバー。
キュンキュンした電子音や、韻を踏んだサビが結構中毒性。

5.The Sniper
★★★★★
イントロの「ヤッ」という一声で曲に沈み込んでいく感じが堪らない。
夕暮れなのか夜なのか。無力で空の海を漂うような優しい曲調に癒される。
後半シューティングゲームのような曲が入っていたりして何とも不思議…。

6.???What is the life???
★★★☆☆
アルバムの折り返し、暖かみのあるゆったりとした曲。
綺麗でAPOGEEらしいが、前曲に比べると華やかさやインパクトに欠ける。

7.Tell Me Why
★★★☆☆
ややブラックで、ファンキーでスパイキー感じ。リズミカルでムービング。
サビ前で音楽が一瞬止まり、ファンタジーになる。

8.Rain Rain Rain
★★★☆☆
ポップでファンキーでなかなかに面白い曲。繰り返す歌詞と遊びあるシンセが中毒。
単曲としてのクオリティは他曲に一歩譲るが、アルバムの役としては輝きが増す。

9.Drop
★★★★☆
幻想的でもないし、ファンキーでもない、何よりアルバム唯一APOGEEぽくない。
でも、とっても雨が似合うしっとりとした味わいのある曲。情景が浮かぶ、現実的な曲。
雨の日に垂れ流したい、「The Sniper」と対を成す癒しの曲。

10.Who's your Enemy?
★★★☆☆
東洋的・中華風で異国情緒が感じられる。間奏のシンセが魔法のようだ。
曲の歌詞の背景に、何かしらの物語がありそうな感じが伝わってくる。

11.Transparent
★★★☆☆
美しいメロディーが素敵で、どこどこまでも続いてく夜空に思いを馳せるような。
プラネタリウムで星座物語を見るような。…そんな星間浮遊のような曲。不思議。

12.Just a Seeker's Song
★★★★★ アルバムの核!
静かな平穏から、何かが爆ぜて新しい世界が始まって、様々な世界があって、
色々な世界が広がって、まるで桃源郷を体験しているかのような世界観。
演奏がどうこうとか、声がどうこうっていうレベルじゃないほど完成度の高い曲。
何か物凄い世界を体験して… そして現実に戻ってくる。そんな感じ。正直なんて表現していいか解らない。

13.Creatures(What Are We?)
★★★☆☆
壮大な曲のあとに優しく受け止めてくれる、軽快で暖かみのあるポップ。
サビの子供のコーラスが入り、とっても安らかになり、優しく締めてくれる。



総評:


わけわからん。まさに、それがAPOGEEの良さであり世界観。
良くも悪くもファンタジーでファンキーで、ポップでそして…カオス。
殆どの曲に、中途半端な印象が無く、どこどこまでも突き抜けている。

正直な所、良い意味で分けが解らないので、何て言っていいのか本当に困ってしまう。
ボーカルのとても通った綺麗な声、遊びや世界作りが効いたシンセ、
新しいだけじゃなく、ブラック・ミュージックのような原初も感じさせてくれる。

APOGEEの音楽は素晴らしい音楽。不思議な音楽。突き抜けた音楽。幻想的な音楽。
でも、やっぱり理解不能な音楽 …いや、理解が追いつかない?
色々と言いたい「良さ」があるんだけれども、言葉にできない。それがAPOGEEクオリティ。



岩跳ペンジュンのオススメ記事!:
white noise/APOGEE『Touch in Light 』
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

Perfume


2008-perfume

Perfume/GAME
RELEASE:2008.04.16
GENRE:テクノポップ

アーティスト解説:
サウンドプロデューサーの意向で、アイドルに“最先端のサウンド”と“声の加工”といった大きな挑戦が組み込まれた、ハウスミュージックの流れを汲んだテクノポップユニット。
ウィキペディアで詳細を見る


アルバム解説:
Perfumeの2枚目にしてオリジナル1stアルバム。“テクノ”というジャンルで25年ぶりに
オリコン1位を獲得したり、ロングヒットによりダブル・プラチナ賞を受賞したりと、評価の高いアルバム。
Amazonで購入する。



各曲レビュー:
1.ポリリズム
★★★★☆
Perfumeを一躍有名にしたヒットシングル。テクノエフェクトがふんだんに
使われているが、とてもキャッチーなので聴きやすい。アルバムの入り口としてもベスト。

2.plastic smile
★★☆☆☆
サビはキャッチーで聞きやすく、1曲目と同じくテクノエフェクトも良いのだが
メロディがどうもスカスカに感じる。もう少し曲に変化が欲しいところ。

3.GAME
★★★☆☆
1、2曲目とはうって変わり、いきなりデジタルノイズな重低音から始まる。
アイドルよりもテクノの面が色濃く、声の綺麗さと音の格好良さのバランスが良い。

4.Baby cruising Love
★★★☆☆
ピアノとテクノでミドルテンポなナンバー。全体的に歌謡っぽくて甘い感じ。
輪唱(編集?)でメンバーの声が絡み合い、良いメロディを生み出している。

5.チョコレイト・ディスコ
★★★★★ 初聴オススメ!
ポリリズムとならぶPerfumeの代表曲。やはりアイドル×テクノで
キャッチーで聴きやすい。“ディスコ”という組み合わせも面白い。

6.マカロニ
★★☆☆☆
アルバムの中ではテクノ味が薄めのナンバー。ややスローミドルで、
まったり聴いていられる。暖かくもクールな印象がある曲。電子スープ。

7.セラミックガール
★★☆☆☆
タイトル通り、金属的なテクノ。ノリノリでテンポも良い。
ただ、どことなく“ポリリズム”と被った印象が強い。

8.Take me Take me
★★★☆☆
やや暗めな曲。淡々とした歌い方、ドラムのリズム、ピコピコした音が印象的。
暗いといっても“ダーク”ではなく、どことなくメロディアスな暗さ。

9.シークレットシークレット
★★★★★ アルバムの核!
フェードアウトするイントロ、低音ノイズ、メンバーの声も活かされたアルバムの核。
1曲の中で色んな顔が見え変化も面白い。泣きを誘うメロウポップな間奏も魅力的。

10.Butterfly
★★☆☆☆
どこか大自然の秘境チックな、テクノのイメージと反したテクノ。
民族楽器的なサウンドは面白いが、ずっと同じ感じなのでだれてしまう。

11.Twinkle Snow Powdery Snow
★★★☆☆
スキー場でかかりそうな、明るくて爽快なテンポの良いスノウテクノ。
サビよりもメロディの方がクオリティの高い感じ。

12.Puppy love
★★★★☆
アルバムの最後を締めるのは、テクノと生音で構成されるナンバー。
ここまで殆ど無かった生音のせいで、サビのテクノの良さが引き出されている。



総評:


全体的にキャッチーなメロディを中心に、テクノとアイドルが上手く融合している。
アルバムの構成としては、全曲テクノにしてしまわず、ところどころに毛色の違う曲を
組み込んでいて、だれることが無いので最後までじっくり聞ける。

「ポリリズム」「チョコレイト・ディスコ」のような綺麗なテクノポップだけでなく
重低音が聴いた曲、生音を使った曲など、様々な変化があって楽しめるのが
他のテクノアーティストとの違いだと思う。



岩跳ペンジュンのオススメ記事!:
レビューしてたらキリがない/【オシャレな音楽代表】perfume「GAME」レビュー

テーマ : Perfume
ジャンル : 音楽

UNLIMITS


2008-unlimits

UNLIMITS/夢幻シンドローム
RELEASE:2008.06.18
GENRE:セツナロック、懐メロコア

アーティスト解説:
2002年に結成された、哀愁感とエネルギッシュなエモーショナル・ビートを併せ持つ“懐メロコア”バンド。ノスタルジックに溢れた美しくも力強いメロディが魅力的。


アルバム解説:
デビューしてからリリースされてきたミニアルバム等の人気曲も収録した、
ファーストにしてベストとも言えるアルバム。美しいジャケットは横田瑞貴という絵描きが手掛けている。
Amazonで購入する。



各曲レビュー:
1.フランジア
★★★★☆
疾走感のある1曲目。せつないロックンロール“セツナロック”。
ただ単に激しいだけではなく、曲の中で変化するメロディが魅力的。

2.孤独へのシグナル
★★★★☆
イントロ&間奏のエッジの効いたギターが格好良い、さらに加速をあげる2曲目。
哀愁たっぷりに歌い盛り上げるサビが素晴らしい。

3.サヨナラの跡
★★★☆☆
夕焼けの掛かる帰り道、青春っぽさをはらんだ甘酸っぱいミドルナンバー。
単体では良い曲なのだが、前2曲のパンチ力に比べると、ちょっと厚みが足りない。

4.七色の記憶
★★★☆☆
再び疾走感あるトラック、しかしちょっとヘヴィに“セツナロック”。
サビ前にテンポの変化した静寂的なメロディが聴き所。

5.カナシミノセカイ
★★★☆☆
曲のテンション分けがハッキリしたミドルナンバー。
静かな儚さと、激しい儚さのメリハリある表現が素敵。

6.追憶の未来
★★★★☆
曲全体に響いているドラムとビートな旋律が印象的。
絶望感ある哀愁で歌い上げる高音のサビが心に響く。

7.カーマイン
★★☆☆☆
孤独で寂しいミドルナンバー。儚さを感じさせる切ない曲。
曲の盛り上がりは悪くないが、やはりキラーチューンに押されがち。

8.AM 2:00
★☆☆☆☆
畳み掛けるようなインスト…だが歌詞は入る。
次曲のための1曲。

9.月アカリサイレース
★★★★★ 初聴オススメ!
リズムは良くキャッチー。曲に重みもありセツナロックの王道。
間違いなくUNLIMITSの名曲。曲全体をとおして格好良い哀愁が響く。

10.僕の在り処
★★★★★ アルバムの核!
名曲連鎖。静寂なイントロから一気に盛り上がる様は最高。
前曲よりも、さらに加速をつけサビの盛り上がりは異常。高い声が綺麗格好良い。

11.クローバー
★★★★★
名曲連鎖。ここまで3曲、全て“セツナロック”と同じ感じの曲なのだが
それぞれが枠の中で個性を持っている。“クローバー”は儚さ・切なさの色が強い。

12.七月の風
★★★☆☆
これまでと一転して明るくアップテンポなトラック。
“切なさ”の新たな顔をここに来て魅せてくれる器用さは驚き。

13.軌跡
★★★★☆
アルバムの最後はスローテンポな曲。
これまでの曲を全て受け止めるような心地の良いエンディグナンバー。



総評:


疾走感あるロックの中に「切なさ」のスパイスが上手く入り込んだベストなアルバム。
曲の変化や、ボーカルの歌い上げる鳥肌が出る美しい声がやはり魅力的。
音楽と同様に横田瑞貴が手掛ける美しい世界観のジャケットもポイント。

気になる点を上げるとすれば、アルバム全体が「切なさ」で構成されすぎているので
アルバム全体の変化は少なめ。これからの生み出される曲に期待。



岩跳ペンジュンのオススメ記事!:
音楽のある喫茶店 ~邦楽レビューブログ~/「夢幻シンドローム」 / UNLIMITS

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

相対性理論


2009-soutaiseiriron

相対性理論/ハイファイ新書
RELEASE:2009.01.07
GENRE: J-POP、ロック

アーティスト解説:
アインシュタイン…ではない。連譜を多用したリズミカルな癒しなメロディが特徴的なバンド。「ポストYouTube時代のポップ・マエストロ」、「全天候型ポップ・ユニット」を名乗る。
ウィキペディアで詳細を見る


アルバム解説:
ジャケットの「33:21」はCDの総収録時間、アルバムとしては何気に結構短い。
相対性理論の2ndアルバム。タイトルは「解体新書」からきている。
Amazonで購入する。



各曲レビュー:
1.テレ東
★★★☆☆
1曲目からガクンと、そしてだら~んと脱力させてくれるトラック。
曲自体シンプルで、4分とやや長めなので、睡眠ソングに最高。

2.地獄先生
★★★★☆
脱力感はそのままに、ちょっとアップテンポ。
女子高生の女の子の視点の曲で、ちょっとえろい。「せんせぇ~…」の声が辛抱堪らん。

3.ふしぎデカルト
★★★☆☆
ちょっと異色のイントロ。脱力感はそのままに、
メロディとサビの流れが良い感じ。歌詞は何気に怖いこと言ってるが気づかない。

4.四角革命
★★★★★ 初聴オススメ!
宇宙を漂うようなぼんやりした感じから始まり、テンポアップしていく。
サビのドラムとフィルが素敵。「四角カクカクカクカク」が凄く耳に残る。

5.品川ナンバー
★★★☆☆
ドライブナンバー。ボーカルの声は相変わらず、下手可愛いが
この曲は音程が高いため、なんとなく綺麗に聞こえる。なんとなく。

6.学級崩壊
★★☆☆☆
そんな明るく学級崩壊しないでくれ、とニコニコ突っ込みいれたくなる。
メロディのダンダンしたリズムからマターリする感じが面白い。

7.さわやか会社員
★★★★★ アルバムの核!
ボサノバチックな綺麗でリズミカルな曲。歌詞もなかなかアジがある。
ほんのり息切れする感じのボーカルの歌い方が、また辛抱堪らん。
ラストのメロディが反転するところは特にオススメ。

8.ルネサンス
★★☆☆☆
歌詞を先に作って、後から音付けしたような、歌詞のネタ重視の曲。
旦那算数、ご苦労算数って(汗 因みにイー・アル・サン・スーは中国語。

9.バーモント・キッス
★★★★☆
アルバムのラストは脱力感からそのまま眠りについてしまうような曲。
曲の途中から、夢の中に入るようなメロディが印象的。おやすみなさい。




総評:


また~り、だら~りとした脱力感。そしてボーカルのヘタウマ&ちょっとエロくて可愛い声。
メロディも単調だけど、耳に残りやすく、そして中毒性をはらんでいる。
アルバムの全体的に似たような曲が多いが、どれも心地よく流れ込んでくる曲ばかりだ。

このレビューをしている2010年現在でも、まだ3枚目のアルバムなので
これから先「ハイファイ新書」を超える名盤が出る可能性も少なくないので今後の活躍が楽しみ。

ジャケットの癒しな絵も楽しみ。歌詞カード内にも別の絵が描かれているが、
こっちの絵がまた可愛くて堪らないのだ。



岩跳ペンジュンのオススメ記事!:
mm(ミリメートル)/相対性理論『ハイファイ新書』

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

DIR EN GREY

2008-direngrey

DIR EN GREY/UROBOROS
RELEASE:2008.11.12
GENRE:不明

アーティスト解説:
メタル、ハードコアをベースに日本を始めとした各国に知名度を持つバンド。結成当初はビジュアル系やハードなメイク等で活動をしていた。ボーカルの使いこなす、様々な歌い方も魅力のひとつ。
ウィキペディアで詳細を見る


アルバム解説:
メジャー7作目となるアルバム。世界17ヵ国で同時期発売され、
アメリカのBillboard 200チャート・インを果たした。
名実共にDIR EN GREYの集大成となったアルバムらしい。
Amazonで購入する。



各曲レビュー:
1.SA BIR
★☆☆☆☆
歌無しのトラック。バックで響く、叫び声がなんとも異様な雰囲気を醸し出している。

2.VINUSHKA
★★★★★ アルバムの核!
9分を超える大作、間違いなくこのアルバムの核といえる。
長い曲なのに、壮絶に様々な変化を繰り返すので聴き込んでしまう圧倒的な魅力。
「核であるこの曲を中盤に置かず敢えて2曲目に置くことで、
この核を乗り越えた人だけが先に進めるというようなところを表現したかった」らしい。

3.RED SOIL
★★★☆☆
本来アルバムの1曲目に相応しいであろう曲。
テンポも悪くなく疾走感もあり、短いながらも様々な変化を見せる面白い曲だ。

4.慟哭と去りぬ
★★★☆☆
「アッアッアッアッアー」という吐き声が特徴的。
デスボイス(で、いいのだろうか?)が聴きなれるまで、曲を掴み辛いが
それでもサビが妖艶で綺麗で魅力的であることは間違いない。

5.蜷局
★★★☆☆
ジワジワと響いてくる闇曲。
どこか“和”の雰囲気が醸し出されている気がする。

6.GLASS SKIN
★★★☆☆
シングルで出されているものの英語盤。
落ち着いたバラードなので聴きやすい曲だ。でも、まあ日本語の方がいいのだけども。

7.STUCK MAN
★★☆☆☆
舌を巻くような捻った感じの苦しそうな曲。
正直なところ、他の曲とくらべどうしても軽く感じてしまう。

8.冷血なりせば
★★☆☆☆
前半は怒涛の展開、途中で入る「チャララララ・・」が良いアジを出している。
途中、展開が変わりなんともいえぬ恐ろしいような妖しい展開を見せる。

9.我、闇とて…
★★★★☆ 初聴オススメ!
静かでメロディアス、でも力強さを持つ曲。
DIR EN GREYを知らない人にオススメするとしたら
この曲が正統派でいいかもしれない。サビも綺麗だし歌ってみたい曲だ。

10.BUGABOO
★★☆☆☆
低く地の底で唸りをあげ、サビで怒涛に解き放つ感じの曲。
デスボイスと純粋に叫ぶ声が織り合わさってる感じが良い。

11.凱歌、沈黙が眠る頃
★★★☆☆
最初から最後まで怒涛の展開。ボーカルのストイックでハスキーなボイスも絡んでいて
怒号のデスボイスとサビで響き渡る声の組み合わせがこれまた素晴らしい。

12.DOZING GREEN
★★★☆☆
6曲目の「GLASS SKIN」と同じくシングルの英語版。
やはり日本語の方が良い。

13.INCONVENIENT IDEAL
★★★★★
アルバムの最後を締めくくるに相応しい、まさに「終末」とも言うべき曲。
ある意味、もうひとつの核。メロディの悲しさからサビの歌いに入るときの
悲しさと、その歌声は鳥肌モノ。



総評:


とてつもない世界観とその深さを持ったアルバムUROBOROS。
DIR EN GREY自体、賛否両論は強いものの「デスボイス」や「ヘヴィメタル」といった
激しい音楽性を聴きなれてしまえれば、このUROBOROSはとても聴き応えの強いアルバムだと思う。

正直、何言ってるか解らないところも幾つかあるが、激しさを抜きにしても
悲しさや壮大さを歌った曲は捨てがたい。

今回のアルバムがこれまでのハードな展開だけじゃなく、
どことなく宗教的な色も入ってる感じが一層魅力的だ。



岩跳ペンジュンのオススメ記事!:
The Cold White Light/Dir en grey「UROBOROS」のCDレビュー(感想)

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

ACCESS
PROFILE

岩跳ペンジュン

Author:岩跳ペンジュン
平成現代の今を生きる、
ゆとり世代の20代。
ちょいオタな
絵師×素人レビュワー。

ツイッターやってます。

レビューリクエストはこちら

LINK
CATEGORY
NEW-COMENT
NEW-REVIEW
ALL-REVIEW

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。