スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰陽座


2002-onmyouza

陰陽座/百鬼繚乱
RELEASE:2000.12.24
GENRE:妖怪ヘヴィメタル

アーティスト解説:
平安装束と長い黒髪、歌詞からは日本語以外の歌詞を極力排除し、鬼や妖怪、日本的なテーマの旋律を奏でる「妖怪ヘヴィメタル」。ボーカルの黒猫をはじめ、メンバーの名前は全て“猫”に関係するものとなっている。
ウィキペディアで詳細を見る


アルバム解説:
妖怪ヘヴィメタル陰陽座の2ndアルバム。
妖怪のイラストが描かれたジャケットはメンバーの“招鬼”が手掛けている。
ハードな曲が多く荒々しい印象を受けるが、曲の間口が広く聴きやすい曲も多い。
Amazonで購入する。



各曲レビュー:
1.式を駆る者
★★★☆☆
ドロドロしたイントロ、重いギターから一変して、一気に突き抜けていく曲調へ変わる。
1曲目らしい疾走感のある曲で、ボーカルの澄んだ格好良い声がより一層、加速度を際立たせる。

2.桜花の理
★★★★★ アルバムの核!
1曲目の疾走感をひきつつも哀愁が漂うナンバー。
2人のボーカルの格好良い声と、綺麗な声がせめぎあい、素晴らしい旋律を生み出している。
「あなたが―蜘蛛だったのですね」これにはゾクゾクする。

3.塗り壁
★★★☆☆
ドロドロしたダークでヘヴィ、そして8分近くあるトラック。
ボーカルの語尾の伸ばしが印象的。サビが結構綺麗。

4.癲狂院狂人廓
★★★★☆ 初聴オススメ!
再び疾走感のあるリフが効いたナンバー。サビの「業・罪・愛」が格好良くて凄く頭に残る。
曲の終盤のギターソロも格好いいのだが、逆に曲の始まりにややチープさを感じる。

5.八咫烏
★★☆☆☆
低く重く、鈍重な曲。ヘヴィメタルというより演歌っぽい。
ゆっくりだけど、心に染み入る曲じゃなくだらだらした感じ。

6.歪む月
★★★★☆
ボーカルの綺麗過ぎる歌唱力に驚かされる、冷たくも力強い曲。
他のドロドロした荒々しい曲とは違い、とても洗練されている。
作詞・作曲はボーカルが担当。

7.帝図魔魁譚
★★★★☆
エッジの効いた重低音ギターが魅力的。
曲調はシューティングゲームのボスのような感じ。
デスボイスと綺麗な高音の対比が印象的。

8.化外忍法帖
★★★☆☆
疾走感ある正統派ヘヴィメタル。曲は格好いいがサビが弱いため
同様に疾走感のある、他の曲と比べるとどうしても弱い。

9.奇子
★★★☆☆
アルバム最長、9分超えを誇るメロディアスとヘヴィさがうまく絡み合った曲。
大人の色気を漂わせたボーカルの魅力を感じずにはいられない…
と、思ったら中盤の語りで、女の子の声もやるという多彩さを魅せてくれる。

10.がいながてや
★★★☆☆
最後ははっちゃけたお祭り騒ぎの曲。なかなかにアルバムの最後の曲としては斬新。
ちなみに「がいながてや」とは「凄いんですよ」という意味らしい。



総評:


“妖怪・忍法帖”といった“日本らしさ”を押し出したバンドなので、
ヘヴィメタルという間口の狭いシーンでも結構好きになる人は多いかもしれないこのアルバム。
実際、陰陽座はアニソンなども歌っているので、そのあたりから聴くとオススメ。

全体通して、やはり格好良く響く重金属と透き通った貫くボーカルの美声が魅力的。
そしてこの独特の世界観も好きな人には堪らないだろう。
気になる点といえば、平安装束でのライブは暑くて大変そうだ。



岩跳ペンジュンのオススメ記事!:
MUSICGAZER/2nd Album 『百鬼繚乱』 -陰陽座-
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ACCESS
PROFILE

岩跳ペンジュン

Author:岩跳ペンジュン
平成現代の今を生きる、
ゆとり世代の20代。
ちょいオタな
絵師×素人レビュワー。

ツイッターやってます。

レビューリクエストはこちら

LINK
CATEGORY
NEW-COMENT
NEW-REVIEW
ALL-REVIEW

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。