スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリッパーズ・ギター


1991-flippersguitar

フリッパーズ・ギター/
ヘッド博士の世界塔

RELEASE:1991.07.10
GENRE:ギターポップ、渋谷系

アーティスト解説:
コーネリアス(小山田圭吾)と小沢健二という2人のアーティストで結成されていたバンド。現在は解散している。日本の軽音楽の流れに多大な影響を与え、「渋谷系」ムーブメントの発端でもある。
ウィキペディアで詳細を見る


アルバム解説:
フリッパーズ・ギター3rdにして、ラストアルバム。曲中に使用される無断サンプリングの嵐や、
それによるイノセンスの獲得を試みた、90年代最大の問題作。
Amazonで購入する。



各曲レビュー:
1.ドルフィン・ソング
★★★★☆
「ビーチ・ボーイズ」というアーティトからサンプリングが印象強い曲。
1曲目だが穏やかだが、曲の表情は豊か。

2.グルーヴ・チューブ
★★★★★ 初聴オススメ!
今度は「モンキーズ」主演の映画 "Head"という作品からサンプリング。
エロくてグルービーでファニーな曲。 小沢健二の色が強い。

3.アクアマリン
★★★☆☆
海の中を漂うような、神秘的で退廃的な浮遊感を持った曲。
こちらはコーネリアスこと小山田圭吾の色が強い。

4.ゴーイング・ゼロ
★★★★☆
ディレイのかかったギターとキーボードが耳に残るアップテンポなナンバー。
ファンキーで聴きやすい曲。

5.スリープ・マシーン
★★★☆☆
バックコーラスと力強い声、それと小沢健二の優しい声の絡みが良いアジを出している。
他の曲と比べると、やや地味だがアルバムの中に1曲はあって欲しい感じの曲。

6.ウィニー・ザ・プー・マグカップ・コレクション
★★★★☆
「クマのプーさんのマグカップコレクション」。ディストーションがかかったギターや
ドラム&小山田圭吾の独特な加工された声がたまらない。

7.奈落のクイズマスター
★★★★★ アルバムの核!
このアルバムの中では2番目に長く、7分半くらいなのだが長さをまったく感じさない。
不思議な雰囲気と独特の世界観作りが秀逸。10分だろうが15分だろうがずっと聴いていたい。

8.星の彼方へ
★★★☆☆
リズムテンポアップして、アルバムの最後へ繋ぐ疾走感を含む曲。
爽やかで明るめだが、どこか切なげな印象も受ける。

9.世界塔よ永遠に
★★★★★
10分にも及ぶアルバムの最後を飾る大作。格好良いギターリフとサンプリング。
10分の中で様々に変化する音楽を魅せてくれるため「クイズマスター」同様飽きがこない。




総評:


数々のサンプリングとそのクオリティ。後のアーティストに与えた影響。
作り上げた功績も問題も、まさにフリッパーズ・ギター。

コーネリアスと小沢健二。現在は個々に活動している2人のアジが凝縮され
見事にミックスされチューンナップされたヘッド博士の世界塔。

彼らの最後のアルバムは、90年代最初で最大の挑戦であり最高の名盤。
これから先、J-POPで渋谷系でネオアコギで、この作品を超えるのは容易でないだろう。



岩跳ペンジュンのオススメ記事!:
名盤マニアのi-Tunes/Flipper's Guitar / ヘッド博士の世界塔
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ACCESS
PROFILE

岩跳ペンジュン

Author:岩跳ペンジュン
平成現代の今を生きる、
ゆとり世代の20代。
ちょいオタな
絵師×素人レビュワー。

ツイッターやってます。

レビューリクエストはこちら

LINK
CATEGORY
NEW-COMENT
NEW-REVIEW
ALL-REVIEW

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。