スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yellow Magic Orchestra


1979-yellowmagicorchestra

Yellow Magic Orchestra/
SOLID STATE SURVIVOR

RELEASE:1979.09.25
GENRE:テクノポップ、ニュー・ウェイヴ、アンビエント

アーティスト解説:
白人の白魔術でもなく、黒人の黒魔術でもない。
黄色人種による黄色魔術(イエロー・マジック)。
80年代に巻き起こったテクノブームの中心にいたバンド。
ウィキペディアで詳細を見る


アルバム解説:
YMOの2ndアルバム。「テクノポリス」や「RYDEEN」など人気曲や、「BEHIND THE MASK」など
あのマイケル・ジャクソンがカバーした曲の原曲も収録されてる。
Amazonで購入する。



各曲レビュー:
1.TECHNOPOLIS
★★★★★ アルバムの核!
これぞテクノ!「TOKIO」という耳につくボイス。
チュルチュルいってサウンド、ドラムもいい感じに効いてて、まさに王道テクノといった感じ

2.ABSOLUTE EGO DANCE
★★★☆☆
ピュピューンという音が特徴的なややメロウな曲。
なにげに、沖縄音楽×インド歌謡×ディスコといったスゴイ組み合わせ曲。
曲中の「ハイヤァ、ィヤーサーサー」という声もナイスw

3.RYDEEN
★★★★★ 初聴オススメ!
YMOと言えば…コレだろ!
YMOを知ってなくても、意外にどこかで耳にしたことはあるだろうな曲。
ノリとテンポは最高。ちなみに曲のタイトルはロボットアニメの
「勇者ライディーン」に由来しているとかしてないとか…

4.CASTALIA
★★★☆☆
前3曲とは打って変わって、急にひっそりとした感じな曲。
静かな曲なのに、悠然と漂う感じがこのアルバムの中では強い存在感があると思う。

5.BEHIND THE MASK
★★★★☆
マイケル・ジャクソンをはじめ海外の色んな方がカバーしている良曲。
ポポポポした静けさを持ちながら、しっかりテクノしている絶妙なマッチング。

6.DAY TRIPPER
★★★☆☆
で、こっちはビートルズのカバーです。
原曲は知らないからなんとも言えないが、声がなんとなく「ビートルズっぽい」
…気がする。ギターが良い感じに効いてるね?

7.INSOMNIA
★★★☆☆
タイトルの意味は“不眠症”らしいのだが、実際聞いてると逆に眠気を誘う曲だ。
なんだか催眠術でもかけられてるかのような曲。ふぁ…ねむ

8.SOLID STATE SURVIVOR
★★★★☆
ドラゴンボールに「ソリッドステート・カウンター」という曲があるらしいですが
この曲を参考にしたそうな…。言われてみると、悟空とフリーザとかが戦ってるシーンが浮かぶ…
曲については、やっぱり「キン!キン!」って音が印象的。



総評:


日本のテクノの原点といえば、やっぱりYMOが出てくるんじゃないかと自分は思います。
そんなYMOの代表曲がふんだんに盛り込まれた、このアルバムはまさに名盤。

「電気グルーヴ」や「Perfume」といったテクノが好きな人なら、是非とも
この元祖テクノは聴いておいてほしいなぁと感じる1枚です。

カラオケ等で「歌う」ことは出来ず、完全に「聴く」アルバムですが、
歌が無くても非常に高い完成度だと思います。



岩跳ペンジュンのオススメ記事!:
Sound Side ~サウンド・サイド~/Yellow Magic Orchestra『SOLID STATE SURVIVOR』
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ACCESS
PROFILE

岩跳ペンジュン

Author:岩跳ペンジュン
平成現代の今を生きる、
ゆとり世代の20代。
ちょいオタな
絵師×素人レビュワー。

ツイッターやってます。

レビューリクエストはこちら

LINK
CATEGORY
NEW-COMENT
NEW-REVIEW
ALL-REVIEW

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。