スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間椅子


1992-ningenisu

人間椅子/黄金の夜明け
RELEASE:1992.06.21
GENRE:ハードロック、ヘヴィメタル、ドゥームメタル、プログレッシヴ・ロック

アーティスト解説:
ハード・ヘヴィメタルを基調としながらも津軽三味線の旋律を絡めたドゥーミーなサウンド、それにのせた歌詞や歌い方といった独特の特徴があり、郷土の影響が色濃い3人組のバンド。
ウィキペディアで詳細を見る


アルバム解説:
プログレシッブが色濃く、スラッシュメタルのような曲も登場しはじめた人間椅子の3rdアルバム。
タイトルは、イギリスで実在した秘密結社、黄金の夜明け団から。
Amazonで購入する。



各曲レビュー:
1.黄金の夜明け
★★★★☆
神々しくも妖しいイントロがずるりずるりと人間椅子の世界に引きづりこんでいく。
中盤のミステリアスかつ綺麗な展開も魅力的。

2.独裁者最後の夢
★★★★☆
「ブラックサバス」というバンドの曲に似ているが、妖しさたっぷり。
「デカルト合理主義」や「眠れる奴隷」といった単語が出てくる歌詞も意味深。

3.平成朝ぼらけ
★★★☆☆
和風メタル、ヘヴィなリフが聴き応えある雅な曲。
歌詞が五・七・五、つまり川柳のようになっているところも面白い。

4.わ、ガンでねべが
★★☆☆☆
プログレシッブな自虐的“ガン”を歌ったナンバー。
癖になるサウンドだが歌詞が生々しい。

5.水没都市
★★★★★ アルバムの核!
プログレでドゥーム。水に飲まれてしまった都市。失われた栄華。
世界観と展開の表現は秀逸。深海にいるような中盤の流れは特にオススメ。

6.幸福のねじ
★★★★★ 初聴オススメ!
イントロのギター、スラッシュメタル、人間椅子の中でも屈指の名曲。
スピード感あるナンバーで、独特の歌詞と世界観も文句無し。

7.マンドラゴラの花
★★★☆☆
暗く、遅く、重く、怪しく。リフとベースラインが良いアジを出している。
ヴォーカルの歌い方や「マンドラゴラ」をチョイスしてくるところも素晴らしい。

8.素晴らしき日曜日
★★☆☆☆
どことなくレトロな曲調なインストゥルメンタル。
どちらかというと次曲の為のイントロ。

9.審判の日
★★★☆☆
ジャンジャンとしたリフ、ソロとサビが最高。
途中の「ハレルヤ」のアレンジも聞き逃せない。

10.無言電話
★★★★☆
アップテンポでスピード感のあるトラック。
連続した高音ギターで電話の呼び出し音を表現するなど、芸が細かい。

11.狂気山脈
★★★☆☆
アメリカの小説がもとになっている曲。前半はヘヴィで妖しいサウンド。
中盤からアップテンポに切り替わる展開が気持ち良い。狂気!狂気!



総評:


怪しくて独特な人間椅子の世界観を始めとして、プログレシッブなサウンド、
シビれるベースライン、リフ、ソロ。そしてスラッシュ。
間違いなく一般受けはしないが、ずるずると飲み込まれていきたい強烈な魅力がある。

一般受けはしないと言っておいてなんだが、スピード感のある
「幸福のねじ」「独裁者最後の夢」「無言電話」等があったり、
アルバム全体の構成も良い出来なので、聴こうという気分があればヌルリと入っていける。



岩跳ペンジュンのオススメ記事!:
えんすき日記 本家/MR231 人間椅子 「黄金の夜明け」
スポンサーサイト

テーマ : 人間椅子
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ACCESS
PROFILE

岩跳ペンジュン

Author:岩跳ペンジュン
平成現代の今を生きる、
ゆとり世代の20代。
ちょいオタな
絵師×素人レビュワー。

ツイッターやってます。

レビューリクエストはこちら

LINK
CATEGORY
NEW-COMENT
NEW-REVIEW
ALL-REVIEW

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。