スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サザンオールスターズ


1998-southernallstars

サザンオールスターズ/さくら
RELEASE:1998.10.21
GENRE:ロック、ポップ・ミュージック、J-POP

アーティスト解説:
30年以上の間日本のポップミュージックの第一線を走り続けるロックバンド。郷土や民族、ヒップホップやデジタルテクノといった多岐に渡るジャンルの楽曲がある。
ウィキペディアで詳細を見る


アルバム解説:
「ネオジャパネスク」がテーマとなった13thアルバム。
セールスこそ低いものの、サザンのアルバムの中では制作にトップクラス時間と拘りを要した作品。
Amazonで購入する。



各曲レビュー:
1.NO-NO-YEAH / GO-GO-YEAH
★★★☆☆
ギターのリフが格好良いヘヴィなサウンド。
歌詞に英語と日本語の言葉遊びがなされており面白みがある。

2.YARLEN SHUFFLE ~子羊達へのレクイエム~
★★★★☆
桑田佳祐の良いアジが出ている妖しくも綺麗なメロディの曲。
音の運びや雰囲気が秀逸で、ファンの間でも人気が高いらしい。

3.マイ フェラ レディ
★★★☆☆
タイトルどおり歌詞もメロディもサザンらしいエロスな曲。
バックのブラスがムーディーな雰囲気を醸し出している。

4.LOVE AFFAIR ~秘密のデート~
★★★★☆ 初聴オススメ!
世間的に人気の高いサザンの王道ポップスの色が強いシングル。
良曲なのだが、アルバムの展開としてはちょっと急に明るくなりすぎである。

5.爆笑アイランド
★★★★☆
デジタルロックな社会風刺ソング。バックボイスを入れたり
演説を入れたりと、様々な試みがみられる。サビの入りが良い感じ。

6.BLUE HEAVEN
★★★☆☆
ゆるやかで情景が浮かんでくるようなバラード。
曲自体は良いのだが、やはりアルバムでは浮いてしまう。でも良い曲。

7.CRY 哀 CRY
★★★☆☆
日本風な古語の歌詞と、リフが効いたロックの和洋折衷。
これも新たな試み的な曲かと思いきや、結構深い曲。

8.唐人物語 (ラシャメンのうた)
★★★★☆
原由子ボーカルの曲。ここまで桑田の流れで、ちょっと戸惑うが
メロディはとても素晴らしい。名バラード。

9.湘南SEPTEMBER
★★☆☆☆
「湘南」がテーマの、サザン的な夏らしい曲だが、終わりごろの夏。
心に残る曲というより、わりと地味で寂しめ。

10.PARADISE
★★★★☆
シンセなメロディがイカすナンバー。途中で「いとしのエリー」を使用。
加工された声があるが、和の印象も持つ不思議な曲。

11.私の世紀末カルテ
★★★★☆
どことなくアコギが懐古的な雰囲気を醸し出す、
現代の哀愁が滲み出た曲。歌詞がとても心に残る。

12.SAUDADE ~真冬の蜃気楼~
★★★☆☆
引き続き哀愁の曲。ブラジルの言葉を使っているが、
2時間ドラマのエンディングのようなナンバー。

13.GIMME SOME LOVIN' ~生命果てるまで~
★★★☆☆
デジロックでノリノリなSMがテーマな曲。曲は格好良いのに、
歌詞でちょっと損してる気がするサザンらしいエロソング。

14.SEA SIDE WOMAN BLUES
★★★☆☆
心にじんわりと染み入る桑田佳祐の色が強い優しいブルース。
バックコーラスと楽器の響きが心地良い。

15.(The Return of)01MESSENGER ~電子狂の詩~ <Album Version>
★★★★★ アルバムの核!
デジタルシンセの深い音、電子的な打ち込みが歌詞とマッチしており格好いい。
シングルバージョンから、かなりのアレンジが加えられ素晴らしい出来となっている。

16.素敵な夢を叶えましょう
★★★★☆
アルバムの最後として素晴らしい締めとなる、綺麗で大味なバラード。
曲自体の良さもそうだが、ポジショニングが素晴らしい。



総評:


「KAMAKURA」「人気者で行こう」「熱い胸さわぎ」など、サザンオールスターズには
数多くの名盤が存在するが、この「さくら」の完成度はサザン1,2を誇る。

ただ、桑田佳祐自身も「やりたいことを好き放題やったらほとんど売れなかった」と
言っているので、世間的に評価は低いが、音楽的に評価の高い作品。

全体的に見て“夏らしさ”とか“明るい王道ポップス”が欠如しているので、
ハッキリ言ってサザンらしくないが、その分デジタルやエロス方面の濃さが素晴らしい。



岩跳ペンジュンのオススメ記事!:
ただの感想じゃねえか、こんなもん/サザンオールスターズ 「さくら」 1998年
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

youtube試聴にノックアウトしましたおじゃましますー。
サザンは本当に有名どころしか知らなかったんですが(そして割と好きだったりしますが)、これはまたとんがってますね・・・!「やりたい事を好き放題」大好物です(’A`)!

これだけ幅広い音楽性が背景にあれば、そりゃPOP作れば一流ですよね・・・。

No title

コメントありがとうございます。
本当に第一線を走っていた実力がありますよね(´∀`)
かなりアクが強いはずなのに、聴きやすい。
「さくら」のアルバムが売れなかったのは残念です(;^ω^)
ACCESS
PROFILE

岩跳ペンジュン

Author:岩跳ペンジュン
平成現代の今を生きる、
ゆとり世代の20代。
ちょいオタな
絵師×素人レビュワー。

ツイッターやってます。

レビューリクエストはこちら

LINK
CATEGORY
NEW-COMENT
NEW-REVIEW
ALL-REVIEW

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。