スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DIR EN GREY

2008-direngrey

DIR EN GREY/UROBOROS
RELEASE:2008.11.12
GENRE:不明

アーティスト解説:
メタル、ハードコアをベースに日本を始めとした各国に知名度を持つバンド。結成当初はビジュアル系やハードなメイク等で活動をしていた。ボーカルの使いこなす、様々な歌い方も魅力のひとつ。
ウィキペディアで詳細を見る


アルバム解説:
メジャー7作目となるアルバム。世界17ヵ国で同時期発売され、
アメリカのBillboard 200チャート・インを果たした。
名実共にDIR EN GREYの集大成となったアルバムらしい。
Amazonで購入する。



各曲レビュー:
1.SA BIR
★☆☆☆☆
歌無しのトラック。バックで響く、叫び声がなんとも異様な雰囲気を醸し出している。

2.VINUSHKA
★★★★★ アルバムの核!
9分を超える大作、間違いなくこのアルバムの核といえる。
長い曲なのに、壮絶に様々な変化を繰り返すので聴き込んでしまう圧倒的な魅力。
「核であるこの曲を中盤に置かず敢えて2曲目に置くことで、
この核を乗り越えた人だけが先に進めるというようなところを表現したかった」らしい。

3.RED SOIL
★★★☆☆
本来アルバムの1曲目に相応しいであろう曲。
テンポも悪くなく疾走感もあり、短いながらも様々な変化を見せる面白い曲だ。

4.慟哭と去りぬ
★★★☆☆
「アッアッアッアッアー」という吐き声が特徴的。
デスボイス(で、いいのだろうか?)が聴きなれるまで、曲を掴み辛いが
それでもサビが妖艶で綺麗で魅力的であることは間違いない。

5.蜷局
★★★☆☆
ジワジワと響いてくる闇曲。
どこか“和”の雰囲気が醸し出されている気がする。

6.GLASS SKIN
★★★☆☆
シングルで出されているものの英語盤。
落ち着いたバラードなので聴きやすい曲だ。でも、まあ日本語の方がいいのだけども。

7.STUCK MAN
★★☆☆☆
舌を巻くような捻った感じの苦しそうな曲。
正直なところ、他の曲とくらべどうしても軽く感じてしまう。

8.冷血なりせば
★★☆☆☆
前半は怒涛の展開、途中で入る「チャララララ・・」が良いアジを出している。
途中、展開が変わりなんともいえぬ恐ろしいような妖しい展開を見せる。

9.我、闇とて…
★★★★☆ 初聴オススメ!
静かでメロディアス、でも力強さを持つ曲。
DIR EN GREYを知らない人にオススメするとしたら
この曲が正統派でいいかもしれない。サビも綺麗だし歌ってみたい曲だ。

10.BUGABOO
★★☆☆☆
低く地の底で唸りをあげ、サビで怒涛に解き放つ感じの曲。
デスボイスと純粋に叫ぶ声が織り合わさってる感じが良い。

11.凱歌、沈黙が眠る頃
★★★☆☆
最初から最後まで怒涛の展開。ボーカルのストイックでハスキーなボイスも絡んでいて
怒号のデスボイスとサビで響き渡る声の組み合わせがこれまた素晴らしい。

12.DOZING GREEN
★★★☆☆
6曲目の「GLASS SKIN」と同じくシングルの英語版。
やはり日本語の方が良い。

13.INCONVENIENT IDEAL
★★★★★
アルバムの最後を締めくくるに相応しい、まさに「終末」とも言うべき曲。
ある意味、もうひとつの核。メロディの悲しさからサビの歌いに入るときの
悲しさと、その歌声は鳥肌モノ。



総評:


とてつもない世界観とその深さを持ったアルバムUROBOROS。
DIR EN GREY自体、賛否両論は強いものの「デスボイス」や「ヘヴィメタル」といった
激しい音楽性を聴きなれてしまえれば、このUROBOROSはとても聴き応えの強いアルバムだと思う。

正直、何言ってるか解らないところも幾つかあるが、激しさを抜きにしても
悲しさや壮大さを歌った曲は捨てがたい。

今回のアルバムがこれまでのハードな展開だけじゃなく、
どことなく宗教的な色も入ってる感じが一層魅力的だ。



岩跳ペンジュンのオススメ記事!:
The Cold White Light/Dir en grey「UROBOROS」のCDレビュー(感想)
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ACCESS
PROFILE

岩跳ペンジュン

Author:岩跳ペンジュン
平成現代の今を生きる、
ゆとり世代の20代。
ちょいオタな
絵師×素人レビュワー。

ツイッターやってます。

レビューリクエストはこちら

LINK
CATEGORY
NEW-COMENT
NEW-REVIEW
ALL-REVIEW

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。