スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PIZZICATO FIVE

1991-pizzicatofive

PIZZICATO FIVE/
女性上位時代

RELEASE:1991.9.1
GENRE:J-POP、渋谷系

アーティスト解説:
一世を風靡した「渋谷系」の音楽グループ。
「佐々木麻美子」「田島貴男」「野宮真貴」と3代に渡り
ボーカルと音楽性が変わっていった。
特に3代目「野宮真貴」においては、
音楽性だけではなくルックスやファッションの
評価も高く、日本国内のみならず、
海外でも高い評価を受けた。
ウィキペディアで詳細を見る


アルバム解説:
3代目ボーカル「野宮真貴」が参入した後にリリースされた5thアルバム。
この作品の全てが「野宮真貴」の為に構成されており、曲の合間にインタビューや対談が入る等、
アルバムとして面白みのある作りになっている。
複数回リリースされているが、それに合わせ複数のジャケットが存在する。
Amazonで購入する。



各曲レビュー:
1.女性上位時代#4
★☆☆☆☆
アルバムの始めはインタビューから始まり、このアルバムが作られた経緯や
新ボーカル「野宮真貴」のキャラクター性も伝わる。面白い試み。

2.私のすべて
★★★★☆
とても我侭な女の子のあざとい歌詞なのだが、とってもオシャレでかわいい。
フランスのパリを彷彿させるようなリズミカルな演奏も素敵。

3.お早よう
★★★☆☆
タイトル通り、朝に聞きたい爽やかでちょっぴり不機嫌でクールな曲。
曲中をとおして刻むドラムが特徴的。

4.サンキュー
★★★☆☆
明るくポップでグルーヴィー、そしてやはりオシャレ。
響くジングルや、サビ前のハモリやコーラスも素敵。

5.大人になりましょう
★★★★☆
チャカポコとしたサウンドがなんともかわいくて楽しくさせてくれる。
ブラスも効いていて、歌詞もシンプルながらに深く感じる。

6.女性上位時代#5
★☆☆☆☆
「それでは引き続きピチカート・ファイヴ歌の演奏をお楽しみ下さい」の
ナレーションのみ。幕間。繋ぎ。

7.ベイビィ・ラブ・チャイルド
★★★★☆
響く処理が入った声が、綺麗ながらもなんとも温かい。
懐かしみを感じるサウンドを奏でつつも、スクラッチ音などを織り交ぜる構成が光る。

8.トゥイギー・トゥイギー
★★★★★ 初聴オススメ!
キャッチーでファンキーでひたすら格好良くオシャレなナンバー。
ボーカルの綺麗な高音がリズミカルに活かされていてノリノリ。
曲の開始前や曲中に入る、対話やインタビューもアジがある。

9.トゥイギー対ジェイムズ・ボンド
★★☆☆☆
前曲からそのまま引継ぎ、このナンバーに入る。
歌は無いが、前曲のアウトロをゴージャスにした感じが、アウトロなのに格好良い。

10.神様がくれたもの
★★★☆☆
あざとい歌詞再び。しかし、あざとさを皮肉にオシャレに歌い上げてしまうのが素敵。
「バン!」という激しいSEや電子ボイスなどが散りばめられており面白い。

11.パーティー
★★★★☆
YMOの細野晴臣の作品「HOSONO HOUSE」からのカバー。
カバーだが、PIZZICATO FIVEのアジがとっても活かされていてゴージャス。
ゲストとして細野晴臣も参加しており、曲の合間に入る遊びも面白い。

12.しりとりをする恋人たち
★★☆☆☆
ずっとしりとりをするお遊びトラック。同じ単語を2回言ってたり
マニアックな単語が出てきたりして地味にコミカル。曲最後の締めが素晴らしい。

13.マーブル・インデックス
★★★☆☆
「3分クッキング」と「マリオワールド」を合わせた様なイントロが特徴的。
ピコピコなり続ける急かすようなSEのせいか、速さを感じる曲。

14.きみになりたい
★★★★☆
まったりと落ち着いてあたたかなナンバー。
ゆっくりと優美に歌う感じがなんとも心地よい。

15.むずかしい人
★★★☆☆
曲のリズムを作ってるドラミングが、サビでの盛り上がりや、
曲の途切れる効果に活かされたりと秀逸。途中から曲の雰囲気が変わる点も良い。

16.TOKYO’S COOLEST SOUND
★★★☆☆
「ピチカート・マニアのみなさんこんばんわ。ピチカート・ファイヴです。」と
終盤に来てようやく挨拶という興味深い演出。
曲にはホイッスル?やスキャットが使われたりとまだまだ面白い変化をみせてくれる。

17.クールの誕生
★★★★★ アルバムの核!
まさにアルバムのタイトルの「女性上位」が感じられる厳しくもクールで格好良い曲。
バックに流れる困惑の電子音とともに淡々と歌い上げる雰囲気が堪らない。
ここまでの「オシャレ」な曲とは違った感じだが、ソコが一層曲の良さを際立たせる。

18.女性上位時代#6
★☆☆☆☆
「トゥイギー・トゥイギー」のBGMとともに、終わりの対談。
「野宮真貴」のこれからが楽しみな、ちょっとトゲがある対談で終わり。



総評:


PIZZICATO FIVEといえば「オシャレな渋谷系」だが、
このアルバムはオシャレだけではなく、ストイックさやクールさ、格好良さが魅力。
後のアルバムに比べゴージャスさは欠けるが、曲やアルバムの構成が素晴らしい。

新たに迎えた「野宮真貴」の為に作られたアルバムという点においても、
インタビューや対談を始め、収録された曲からもバッチリ伝わってくる。
なにより「女性上位時代」というタイトルのセンスも素敵過ぎる。

YMOの細野さんが参加している点も、個人的にはかなり嬉しい点。



岩跳ペンジュンのオススメ記事!:
Discジャンキーズ-洋楽おすすめCDレビュー/ピチカートファイヴ/女性上位時代
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【PIZZICATO FIVE】

PIZZICATO FIVE/女性上位時代RELEASE:1991.9.1GENRE:J-POP、渋谷系アーティスト解説:一世を風靡した「

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
ACCESS
PROFILE

岩跳ペンジュン

Author:岩跳ペンジュン
平成現代の今を生きる、
ゆとり世代の20代。
ちょいオタな
絵師×素人レビュワー。

ツイッターやってます。

レビューリクエストはこちら

LINK
CATEGORY
NEW-COMENT
NEW-REVIEW
ALL-REVIEW

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。